【感動】電車が大好きな14歳の老犬。9年間、毎日のように駅に通い詰めた結果、鉄道会社からあるプレゼントが渡される!

衝撃, 話題

鉄道ファンは、日本だけではなく

イギリスにも数多く存在します。

そして、鉄道をこよなく愛するのは人間だけではありません。

今回、10年近くもプラットフォームに入る

電車を楽しみにしている犬に、ある鉄道会社から

特別なユニフォームが贈られました。

コリーとジャーマンシェパードの混血種である

「ジェイク(14)」は、元の飼い主に虐待の末、

飼育放棄され、英スタフォードシャー州にある

野良犬や捨て犬を救済・保護する施設

「City Dogs Home」にいたところを今の飼い主

ニール・マックナマラさんに引き取られました。

ジェイクが2歳の時でした。

ニールさんはこの9年間、毎日のように

ウェスト・ミッドランズのスタフォード駅に

ジェイクとやってきます。

その理由はニールさんの通勤目的ではなく、

ジェイクが電車を見るのが大好きだから。

ジェイクは今では地元で「鉄道マニア犬」として

名を知られており、普段駅を利用する乗客らの

「マスコット犬」になっているそうです。

長年通っているだけあって電車が近づく気配を察するのは

誰よりも早く、プラットフォームに電車が滑り込むと、

ジェイクは尻尾を大きく振って喜びの鳴き声をあげます。

ニールさん曰く、ジェイクは特に

ヴァージン・トレインズ(Virgin Trains)がお気に入りのようで、

それを知った同鉄道会社スタッフはジェイクに

素晴らしいプレゼントを用意しました。

そのプレゼントに喜ぶジェイクの様子がこちら。

ちょうどスタッフのユニフォームが更新される

時期でもあった同鉄道会社は、ジェイクのために

オーダーメイドでユニフォームを作成したのです。

今回のユニフォームは、イギリスのデザイナーで

英国女王によって贈られるMBE(大英帝国5等勲爵士)

の勲章を持つウェイン&ジェラルディン・ヘミングウェイ夫妻が

2年がかりでデザインを完成させたもの。

10パターン用意されており

「個性が引き立てられるようなユニフォーム」

に仕上がっているといいます。

ジェイクのために小さなオーダーメイドのユニフォームも

手掛けたヘミングウェイ氏は、こうコメントしています。

「スタッフにもジェイクにも心地よい

このユニフォームを誇りを持って着てもらえれば嬉しい」

ヴァージン・トレインズのFacebookやTwitterの

アカウントには、新しいユニフォームに袖を通した

スタッフらに囲まれて誇らしげにカメラを見つめる

ジェイクの姿が投稿されており、同鉄道会社の

「ジェイクは今やわが社の一員」という言葉が満更ではない様子。

このことを知った人からは「うわ、可愛い!」

「やっぱり制服を着ると引き締まって見えるね」

「やっぱり犬っていいな」といった声があがっています。

この記事が気にいったら、いいねしてね! 
 
 

衝撃, 話題